子供に教えたいお金の大切さ

お正月にお年玉をもらって大喜びの子供達。ずっと欲しかったおもちゃくらいは自由に使わせてあげますが、その後も「特に欲しいわけじゃないけど、お金があるから買っちゃおうかな」といった感じにお金を使いたがるんです。

 

我が家は毎月のおこずかいをあげていないので、お年玉を1年間自分で管理するようにしていて、基本的に使っても貯金しても好きにしていいことになっています。

 

でも親としては貯金をしたり、今後欲しい物があった時の為にたいして欲しくない物は我慢してほしいのですが、子供にはまだまだ理解できないようです。

 

どこか「お金が無くなったらお母さんがくれるだろう」と思っているふしがあり、なくなればすぐ出てくるものだと思ってしまっている感じです。

 

 

お金の大切さ、お金を稼ぐことの大変さを説明してもちんぷんかんぷん。

 

お金を儲ける大変さを知ってもらおうと、特別なお手伝いをした時にお駄賃を渡すと、それからはお駄賃がもらえないならお手伝いをしないという状況になってしまいました。

 

お金を稼ぐためには我慢することも必要なのに、親の気持ちはなかなか伝わりません。お金借りる今すぐなんて言っても意味なんて当然わかりません。

 

 

 

お正月になれば何もしなくてもお金がもらえるお年玉という風習。

 

私も子供の頃は楽しみにしていたので子供の気持ちは分かりますが、お金をもらう事は簡単だと思わせてしまっている気がして、子供のお金は全部親が管理した方が良いのかと悩んでしまいます。

 

考えながらお金を使えるようになってから、子供達自身に管理させようかと考えています。でも今まで自分たちの手元にあったお金が無くなると、子供達から文句を言われそうですけどね。

時間とお金

お金を貯めようという時に2つの方法があると思います。1つ目の働いてお金を稼ぐと言うこと。2つ目はお金は使わない(節約をする)ということです。2つ目の金を使わないという方法は、普段なら使うっていったところを使わなくすることで、その分浮いたお金を別のとこに回せると言う考え方です。このやり方を突き詰めてやってしまうと、必要な経費まで削ると言う状態に陥りかねません。

 

ですので2つ目の方法は無駄をなくす程度で、呈して行うとより良い結果になると思います。またお金を稼ぐという事は、ただ同じ作業をずっと繰り返していると言うような単純作業ではなく、どうやったら自分の1時間あたりの給料が増えるだろうか、今自分にある時間を効率よく使っていいお金に変換できるだろうかと言う事を考えるのが大事なことだと思います。

 

単価が低い仕事をたくさんするのも1つの手段ですが、少ない時間で単価が高くつく仕事ができたならばそれだけ、時間が余ります。時間というのはお金以上に大切なものだと思います。

 

お金はなくなったとしても取り戻す手段はあります。困ったらキャッシングで10万円借りることだってできてしまいます。しかし時間がなくなってしまって取り戻せるものではありません。また誰しも平等にいちにち24時間しかありません。ですので時間を上手に使って、自分の能力を高めながらどういった仕事を、自分の価値を見出せるのか、お金を稼げるのかという事を考えながら仕事探しをしてみたり、今やっている仕事でも、時間の使い方を少し考えどうしてみるのも良いかなと思います。